リュートとウクレレ

先日、リュート奏者の田村雄二さんとアンサンブルを楽しみました。数年前に一度、合奏したことがあり今回は二度目です。

リュートという楽器は中世からバロック期に活躍した弦楽器です。琵琶やウードに近い楽器でギターやウクレレにとってもご先祖様のような存在だと思います。 

独特の音色で私は特にこの楽器で奏でられるルネサンス期の楽曲が大好きです。

 

 

 

 

 

 

今回は「グリーンスリーブス」「スカボロフェアー」や「コンドルは飛んでいく」、ジャズの「枯葉」などを合わせてみました。以前も感じたのですがウクレレとの相性がよく田村さんにもいい感じと言ってもらえました。後半ちょっと田村さんに無理を言ってハワイアンを弾いてもらいました。スペシャルなビーチ感が出ておもしろかったです(笑)

今回、小諸市役所の会議室を借りたのですが二人で2時間を750円で借りれました。
音の環境も大変良くて、お得感いっぱいのレンタルスタジオになりました。

Follow me!