中村たかし先生

今回の本の推薦文を書いていただいた中村たかし先生に出版のご報告に行ってきました。

中村先生のPV(プロモーションビデオ)を見て憧れて6弦ウクレレを始めたのが3年前です。
そしてウクレレを弾いているうちにたくさんの人とのつながりが出来、本まで出版し中村先生に推薦文を書いていただくことになりました。

正直、不思議な感じがしないでもないです。
ウクレレ好きの、音楽を愛する人たちの想いが見えない糸でつながっているようです。
その糸をたぐりよせながらここまでこれたのかなぁ、といった感慨を持ちますね。

ホント、ウクレレに感謝、音楽仲間に感謝です。

実は私は6弦のウクレレをメインに弾いています。
この6弦ウクレレは4弦のウクレレに比べるとまだまだマイナーな存在です。
またよくギタレレと一緒にもされます。
しかし6弦ウクレレとギタレレとは違います。
まずは音色、そして値段(笑)
中村先生も常々そのことはおっしゃられていました。
これについてはまた何かの機会に書いてみたいですね。

6弦ウクレレを弾く人がもっと増えればいいなぁ、と思っていますが、まずは4弦でもウクレレを楽しむ人口が増える事が目標です。
そのためにできる事を少しずつでもやっていきたいと思っています。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です