脳にスパイス

先日、スリランカレストランで演奏しました。
お店に入るとスパイスの効いた良い香りが充満しています。

香辛料も脳にとってたいへん有効な活性材料になりますね。

香り、味覚、これらの刺激は脳神経のなかでも核となる部分を刺激して脳の底力の心強い味方になってくれます。

実はアルツハイマー型認知症では最初に嗅覚の低下がありそのまま放置しておくと海馬の細胞の障害にまで及ぶとされています。
しかし嗅細胞は再生することが比較的容易であり新生の嗅細胞は香りを嗅ぐことにより成熟させることができます。

これらのことは鳥取大学の浦上教授らのグループの臨床研究の結果に基づいています。

私も香辛料の効いた料理が好きなので早く食べたかったのですが歌う前に食べてしまうと声に影響が出てしまうかもしれないのでチョットがまんです(笑)

ライブは子供から大人の方まで大いに盛り上がっていただきました🎵

良い香りとおいしい料理、そしてウクレレの音色。

脳がとても喜んだ時間だったと思います。

ライブ終了後、わたしも美味しさを存分に楽しみました(^_^)v

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です